看護師夜勤手当.com 【夜勤の給料が高い転職、求人情報】

ナース

メニュー

病院体験談

職場の体験談

病院でのこと

リンク集

運営者情報


看護婦さんとして深夜の給料が高い病院へ転職したい!パート、アルバイトとして働きたいと思っている方へおすすめの医療求人情報となります。

好きな情報

夜勤ではどんな仕事をするの?

夜勤の仕事は、その前のシフトで勤務していた看護師から引き継ぎ業務が行われます。患者さんのその日の容態や体調によって、どの人に注意しなければいけないか、どんな変化が予想されるのかなど、日勤の看護師から細かい注意事項が伝えられます。

患者さんが起きている時間帯には、ニーズに合わせて患者さんの体の向きを変える体位交換を行なったり、排泄の介助などを行います。また、患者さんが眠っている時間帯でも、点滴のバッグや尿バッグを交換したりという作業がありますし、なかなか眠れない患者さんに対しては睡眠薬を医師に処方してもらうという作業も行います。時間が空いている場合には、ナースステーションに待機しながらカルテや記録などの整理を行なったり、各病室を巡回して患者さんに問題がない事を確認するのも仕事です。

日勤の看護師なら、ランチタイムというまとまった休憩時間には食事をするのが一般的ですが、夜勤の看護師には、休憩時間は仮眠時間になっていて、夜勤をしている看護師どうしで交替しながら仮眠を取る事が多いようですね。そのため、規模が小さい医療機関でも最低2人以上の看護師が夜勤には必要となります。

ナースコールが鳴らなければ、割と静かな夜勤を過ごす事ができる看護師の夜勤ですが、実際にはその医療機関でも、夜間にナースコールがならないことはほとんどないほど忙しいのだそうです。

看護師の夜勤手当が多い医療機関などでは、こうした基本的な業務以外にも別の業務が課せられる事もあるようです。