看護師夜勤手当.com 【夜勤の給料が高い転職、求人情報】

ナース

メニュー

病院体験談

職場の体験談

病院でのこと

リンク集

運営者情報


看護婦さんとして深夜の給料が高い病院へ転職したい!パート、アルバイトとして働きたいと思っている方へおすすめの医療求人情報となります。

好きな情報

当直制度とは

病床を持っていて入院患者を抱えている医療機関では、医師でも看護師でも、万が一の時に備えて必ず24時間体制で勤務につかなければいけません。夜間勤務では、2交替や3交替などで基本的にずっと起きている事を求められる勤務形態もあれば、時間があれば仮眠室で仮眠を取る事が許可されている場合もあります。この、仮眠がとれる勤務形態は当直制と呼ばれている勤務形態ですね。

夜間に病棟の巡回を行なう業務もある看護師は常にナースステーションにいなければいけないので、2交替制や3交替制が多いようです。しかし、ニーズがある時にだけ顔を出せばよい医師などは、夜勤の勤務時間を長くして夜勤の回数を減らす事ができる当直制度が採用される事が多いようです。

当直制の大きなメリットは、仮眠室で仮眠を取れること。仮眠を取る事ができれば、精神的にも体力的にもハードな勤務に持ちこたえられそうですよね。その代わり、勤務時間が長くなるというデメリットもあります。看護師の夜勤は3交替勤務で8時間〜9時間程度ですが、当直制となると勤務時間は日勤を終えた夕方頃から翌朝までの15時間〜16時間ぐらいになります。仮眠がとれるといっても、必要な時にはすぐに起きて現場に駆けつけなければいけませんから、それほど快眠できると言うわけでもないようです。

当直制度が採用されている医療機関では、看護師の夜勤手当の代わりに当直手当という手当てが支給される事になります。勤務時間が長くなるので当直手当は夜勤手当よりも多い事が一般で、一回あたりの当直で6,000円前後が多いようですね。