看護師夜勤手当.com 【夜勤の給料が高い転職、求人情報】

ナース

メニュー

病院体験談

職場の体験談

病院でのこと

リンク集

運営者情報


看護婦さんとして深夜の給料が高い病院へ転職したい!パート、アルバイトとして働きたいと思っている方へおすすめの医療求人情報となります。

好きな情報

夜勤の種類

一般のサラリーマンの就業時間といえば、朝9時から午後5時まで。この時間以外は全て夜勤になるのかというと、必ずしもそういうわけではありません。看護師の勤務体制はその職場によって異なりますが、3交替制や2交替制などの勤務体制が取られている職場では、夜勤として働く時間も異なります。

夜勤には2種類あり、準夜勤と深夜勤に分類する事ができます。

・準夜勤
準夜勤とは、サラリーマンと同じ勤務時間の日勤の人が帰宅する直前の4時半ごろから仕事がはじまり、深夜0時ごろに帰宅する事ができる勤務形態。この時間帯なら、サラリーマンなどの企業人は仕事をしていませんが、飲食店や娯楽店などはオープンしている時間帯。帰宅時間も、ちょっと夜遊びして帰ったぐらいの時間なので、翌朝、外が明るくなるのと同時に起床する事も可能です。

・深夜勤
準夜勤の人が帰宅する時間の直前の0時ごろに仕事を始めて、翌朝の日勤の人が出勤する午前8時半ごろまで仕事をするのが、この深夜勤の時間帯。夜には眠るべく作られている人間の体に反して、朝までずっと起きていなければいけない深夜勤は、準夜勤と比べると肉体的にかなりハードな勤務時間です。

準夜勤、深夜勤のどちらでも看護師の夜勤手当はつきますが、肉体的なハードさが違うので、夜勤手当も準夜勤の方が少なめに設定されている事が多いようです。准看護師と正看護師の地外、その医療機関によっても手当ての額は異なりますが、準夜勤で1回3,500円程度、深夜勤で一回4,500円程度となっている医療機関が多いようですね。